谷本昌巳のあれこれ日記
日々の出来事と仕事の事、織り交ぜながら・・・思い出なども時々は。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お家の料理評論家P3。
笹身の照り焼き

本日の一番目
小アジの照り焼き。この一品はタレの焼けた香ばしさと
下味のニンニクの風味が後から口の中一杯に広がります。
酒の肴としても、ご飯のおかず としてもなかなかの
物です。
コショウの葉の佃煮と塩タラ

二品目 こちらは昔の食べ物、先ずコショウの葉の佃煮
これは田舎料理の一品、隣の皿は干しタラ(塩タラ)の
焼き物どちらも塩っからいんですが子供の頃からの
好物です。
噛めばかむ程味が出ます。お茶漬けにもグウーーー。
ついでにお腹もグウーーー。
牛肉とゴボウの甘露煮

三品目は牛のバラとゴボウの煮しめ とでも言いますか
目の離せない一品、焦げないタイミングが味付けと
なるゆえ辛すぎたら大変です。
失敗の許されない料理です・・・あっ辛。

次のページもどうぞ>>>>
[お家の料理評論家P3。]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。